千葉県 柏市のインプラント・審美歯科医院/ホワイトニングでアンチエイジング/Q&A、価格 等

【審美インプラントセンター柏 田中歯科医院 】
【審美インプラントセンター柏】(田中歯科医院)
千葉県柏市千代田3-15-1
エクセレントビル2F
TE:04-7164-3000
安心できる医院とは?
田中歯科医院

Q:インプラント治療の流れは?

A :

インプラント治療は、歯根にあたるインプラント体を植える処置、土台をたてる処置、歯ぐきの上にでる「歯冠」を作製する補綴処置の3つからなります。では、診断から治療に至る流れを簡単に紹介しましょう。  
【診査、診断】
 レントゲン等の診査によりインプラントの本数や部位等の診断を行います。その結果をもとにご希望を聞きながら、インフォームドコンセントを行ない、 費用も含めた治療の手順や手術方法を説明し、じっくりと相談の上、治療方針を決定していきます。  
インプラントの植立】
インプラント体を植えます。痛みに不安を持たれている方も多いかと思いますが、歯を抜く程度で高齢の方でも十分耐えられますので、ご安心下さい。

インプラント体を植えたあと1週間〜10日程度で抜糸します。その後は1ヶ月に1回程度の消毒をおこないます。  
【土台を接続】
約3ヶ月たちましたら、インプラント体に土台をたて「歯冠」作製のためのお口の型取りをします。

 

【補綴処置】
作製した歯冠をお口にあわせていきます。咬み合わせ等を調整したのち歯冠を取り付けて完成です。

インプラント治療の流れは?

インプラント治療の流れは?

インプラント治療の流れは?

Q:インプラントの体への影響は?

A :

インプラントに使われる材料は、生体親和性の高いものが使われていますので
心配ありません。インプラントに主に使用されるチタンは人間の体になじみやすく、顎の骨や歯ぐきの粘膜との適合性が高い金属で、心臓のぺ一スメーカーや関節の部品、骨伝道補聴器にも使用されている安全な素材ですから安心です。
特に現在主流のオッセオインテグレーテッドタイプインプラントは生体親和性が非常に高く骨と馴染みやすく表面処理されているため、骨とよくくっつき治療期間も以前より短縮されるとともに長持ちします。

 

△このページのトップへ

Q:インプラントと入れ歯の違いは?

A :

使用にあたりまず大きな違いは毎晩取り外しをしなくてすむことです。そして機能面では咬んだ力を歯ぐきで支える入れ歯と異なりしっかりと骨に根付いた人工の歯根で受け止めますので安定感がまったく違い自分の歯のようにしっかりと噛むことができます。
入れ歯」と「インプラント」との大きな違いは、歯根の回復までできるということです。物を噛むとき、歯には大変な力がかかりますが、天然の歯は、歯根の部分がしっかりと顎の骨に埋まっているため、噛む力をそこで受け止めることができます。それと同じように、インプラントも顎の骨に固定された人工の歯根を回復しますので、天然の歯と同じようにしっかりと噛むことができるわけです。
粘膜の上にのっているだけの入れ歯とは安定感がまったく違います。
加えて、入れ歯のようにバネ留め金が必要ありませんので 周囲の歯に負担をかけませんので残っている歯を大切にできるとともに見た目も自然ですので、大きな口をあけて笑っても他人に気づかれることはありません。

 

Q:インプラントの治療期間はどれくらい?

A :

インプラントを植えたあと骨としっかりと根付くのに約3ヶ月かかるので治療期間は診査、診断および歯冠作製なども含めると4〜5ヶ月かかります。しかし根付くのを待つ間は月に1回程度の来院ですみますので、お忙しい方でも十分治療することができます。また、治療期間中も前歯等で仕事や日常生活に支障がある場合には仮歯を入れますのでご安心下さい。

治療の流れはコチラ >>

 

Q:インプラントのメンテナンスとアフターケアを教えて

A :

プラークコントロール(歯磨き)と定期健診が大切です」

日々のプラークコントロール(歯磨き)が大切です。たとえインプラントがどんなに優れた治療法 でも、インプラントは虫歯になりませんが、天然歯と同様に歯周病になりますので、ご自身の歯と同様に毎日の歯磨きが寿命を延ばします。

また、人間の体は年齢と共に変化するものです。当然、インプラントを埋めた顎の骨も変化しますので定期健診も大切です。
定期健診においてはご自身の歯と同様に汚れや歯石取り、噛み合わせを見たり、必要に応じてレントゲンを撮り、骨の状態をチェックします。

インプラントの治療期間はどれくらい?
△このページのトップへ